2010年01月27日

<陸山会土地購入>小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件は、23日の小沢氏への事情聴取後もなお疑問が残る。小沢氏は購入原資として個人資産を詳細に説明したが、07年には「政治献金」と説明。元私設秘書の同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)=政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕=らの供述との食い違いも目立つ。一方、小沢氏の刑事責任追及に向けては多くのハードルがあるとみられる。

 ◇原資の説明変遷

 事件の舞台となった土地購入は07年に「政治資金による蓄財」との批判が高まり、小沢氏は同年2月に会見。「献金してくれた皆様の意思を大事にし有効に使う方法」と語り、間接的に原資を「政治献金」と説明していた。昨秋以降、再び土地購入問題が注目されると、取材に対し「4億円の預金を担保にして金融機関から同額を借り入れ、これを充てた」と変化した。

 昨年12月26日、毎日新聞が初めて原資を「小沢氏側のプール金」と報じると「捜査対象のため回答は差し控える」。その後「個人の資産」と変遷し、23日には「(以前は)個人資産の中身を公表する必要はないと思った」と釈明した。

 説明の変遷は事件のとらえ方にも見られ、「計算上のミスはあったかもしれない」(12日の会見)「形式的なミス」(16日の党大会)などの発言が、23日には「担当秘書が行っており、私は関与していないので分からない」と一変した。

 ◇報告聞き流し?

 東京地検特捜部による小沢氏への事情聴取に伴い、元私設秘書の池田光智容疑者(32)=同=の供述が新たに判明した。池田元秘書は07年、土地購入代金の4億円を小沢氏に返還しながら政治資金収支報告書に記載しなかったとして逮捕されたが、陸山会を含む小沢氏関係の5政治団体の年間収入や支出、資金残高などを毎年報告していたという。これに対し小沢氏は「報告はあったかもしれないが、虚偽記載については聞いてない」と検事に説明したとされる。

 虚偽記載をうかがわせる報告は、既に石川議員も供述。04年の土地購入の際、小沢氏から受領した4億円を支払いに充てながら収支報告書に記載せず、直後に陸山会などの資金で4億円の定期預金を組んで金融機関から同額の融資を受け、これを小沢氏からの借入金として収支報告書に記載したことについて「先生の手持ち資金を隠すため借入金の形をとった」と認めている。

 この会計処理は小沢氏に報告していたが、小沢氏は聴取で「以前に陸山会が不動産を購入した際にも金融機関から個人での借り入れを要請されたことがあったので、(石川)秘書から銀行の書類に署名するように頼まれ、そういう理由からと思って署名したことはある」と虚偽との認識を否定。虚偽記載について「何のメリットもない」と強調した。

 ◇立件へのハードル

 外形的には石川議員や池田元秘書が虚偽記載を「報告」し、小沢氏が「了承」したようにも見えるが、最大のネックは小沢氏を含め3人とも「会計責任者」ではないことだ。

 規正法は、正しい収支報告書の提出を会計責任者に義務づけている。当時の会計責任者は小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)=同=で、石川議員や池田元秘書は虚偽記載を大久保秘書に報告したと供述(大久保秘書は否認)している。しかし、会計責任者ではない小沢氏は「大久保秘書と共謀したり明確に虚偽記載を指示したようなケースでなければ、単なる報告と了承で規正法違反に問うのは難しい」(ある法務・検察幹部)。

 また、原資が建設会社からの提供資金と結び付かず小沢氏の手持ち資金と認定された場合、悪質性を巡っても議論となりそうだ。

【関連ニュース】
民主:陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」
小沢氏団体不透明会計:小沢氏「今後も協力」 「包み隠さず説明」−−聴取後会見
小沢氏団体不透明会計:小沢氏、事情聴取 「裏金、一切ない」虚偽記載、関与を否定
小沢氏団体不透明会計:小沢氏聴取後会見 強硬転じ「捜査に協力」
社説:小沢氏聴取 「秘書任せ」は疑問が残る

過酷勤務知りながら運転を容認、書類送検(読売新聞)
日米安保改定50年 同盟むしばむ普天間問題(産経新聞)
<幻の大豆>「借金なし」秩父で復活(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員「黒いこと一切していない」(毎日新聞)
融資金名目で2億5千万円詐取 東電元幹部ら逮捕 警視庁(産経新聞)
posted by カイザーギ at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で−新型インフル(時事通信)

 海外から輸入する新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省は22日、来月上旬に474万回分を初出荷できるのに対し、医療機関からの希望数量は計200回分だったと発表した。
 輸入ワクチンは、グラクソ・スミスクライン(英、GSK)が来月5日に240万回分、ノバルティス(スイス)は同月3日に234万回分の初出荷が可能という。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
追試実施は見送り=「インフル患者減少」
海外ツアー参加者、11.5%増=アジアが好調
山形で豚が新型インフル=国内2例目

市有地神社「違憲」、氏神様など数千件影響も(読売新聞)
民家焼け跡から女性遺体=胸、背中に刺し傷−宮城(時事通信)
郷土の偉人、学べない? 吉田松陰、米内光政…一部教員クレーム(産経新聞)
<カンザキハナナ>琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)
土地購入 小沢氏の立件視野 東京地検 虚偽記載認識か(産経新聞)
posted by カイザーギ at 15:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢氏、23日聴取へ=4億円原資の説明求める−東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部による小沢氏への任意の事情聴取が23日に行われることが21日、関係者の話で分かった。弁護士を通じた日程調整の結果、小沢氏側が23日を希望した。
 聴取は約4時間行われる見通しで、特捜部は土地取引に充てられた4億円の原資などについて、小沢氏に詳しい説明を求める。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

平泉、小笠原を正式推薦=世界遺産候補−政府(時事通信)
7億詐取容疑、大手旅行会社元社員に逮捕状(読売新聞)
コミック試し読み端末、試験運用好評(読売新聞)
15人がサイト利用料架空請求未遂の疑い(産経新聞)
事件を勝手に「終局」…千葉家裁職員を戒告処分 (産経新聞)
posted by カイザーギ at 01:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。