2010年01月26日

474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で−新型インフル(時事通信)

 海外から輸入する新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省は22日、来月上旬に474万回分を初出荷できるのに対し、医療機関からの希望数量は計200回分だったと発表した。
 輸入ワクチンは、グラクソ・スミスクライン(英、GSK)が来月5日に240万回分、ノバルティス(スイス)は同月3日に234万回分の初出荷が可能という。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
追試実施は見送り=「インフル患者減少」
海外ツアー参加者、11.5%増=アジアが好調
山形で豚が新型インフル=国内2例目

市有地神社「違憲」、氏神様など数千件影響も(読売新聞)
民家焼け跡から女性遺体=胸、背中に刺し傷−宮城(時事通信)
郷土の偉人、学べない? 吉田松陰、米内光政…一部教員クレーム(産経新聞)
<カンザキハナナ>琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)
土地購入 小沢氏の立件視野 東京地検 虚偽記載認識か(産経新聞)
posted by カイザーギ at 15:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢氏、23日聴取へ=4億円原資の説明求める−東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部による小沢氏への任意の事情聴取が23日に行われることが21日、関係者の話で分かった。弁護士を通じた日程調整の結果、小沢氏側が23日を希望した。
 聴取は約4時間行われる見通しで、特捜部は土地取引に充てられた4億円の原資などについて、小沢氏に詳しい説明を求める。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

平泉、小笠原を正式推薦=世界遺産候補−政府(時事通信)
7億詐取容疑、大手旅行会社元社員に逮捕状(読売新聞)
コミック試し読み端末、試験運用好評(読売新聞)
15人がサイト利用料架空請求未遂の疑い(産経新聞)
事件を勝手に「終局」…千葉家裁職員を戒告処分 (産経新聞)
posted by カイザーギ at 01:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。