2010年04月27日

<国家公務員>新規採用半減 来年度は4500人抑制(毎日新聞)

 原口一博総務相は27日午前の閣議後会見で、11年度の一般職国家公務員の新規採用者数について、09年度の9112人から半減することを目標に調整する方針を明らかにした。鳩山政権は「天下りあっせんの全面禁止」を掲げており、早期勧奨退職(肩たたき)者の減少で中高年層の官僚が残ることが予想される。一方、「国家公務員の総人件費の2割削減」も打ち出しているため、新規採用の抑制で対応する。

 原口総務相が閣僚懇談会で報告し、鳩山由紀夫首相は「単に天下りあっせんの根絶に伴う当面の定員管理ではない。(出先機関の)統廃合をいかに進めるかといった視点も含めて、将来に責任のある改革を進める必要がある」と述べ、中長期的な方針も含め積極的な取り組みを指示した。

 11年度は4500人程度の新規採用が抑制される見通し。採用枠を(1)地方出先機関の職員(2)本省で企画・立案に携わる職員(3)専門的な知識を生かして行政サービスを提供する専門職種(4)再任用や官民の人事交流の受け皿となる任期付き職員−−の4グループに分類し、それぞれに抑制率を定める。

 鳩山政権は地域主権改革の中で、国の出先機関の「原則廃止」を掲げており、国土交通省の地方整備局や農林水産省の地方農政局など出先機関の新規採用を原則2割以内に抑えることを中心に対応する。ただ、航空管制官などの専門職は除外するという。

 また、再就職あっせん禁止などの規則順守や情報公開の推進、官民の人事交流の拡充などを定める退職管理方針についても、近く原案をまとめる。【笈田直樹】

<南島原市長選>藤原氏が現職ら破り初当選 長崎(毎日新聞)
「何よりも鳩山内閣打倒」舛添氏の発言要旨(読売新聞)
<偽装献金>判決は20分弱 使途解明はされないまま終了(毎日新聞)
舛添氏、力強く宣言「参院選に勝利し必ず政界再編を行う」(産経新聞)
強制わいせつ「市民の処罰感覚で」懲役8年判決(読売新聞)
posted by カイザーギ at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

<訃報>堀多恵子さん96歳=作家・堀辰雄の妻(毎日新聞)

 堀多恵子さん96歳(ほり・たえこ<本名・多恵=たえ>作家・堀辰雄の妻、堀辰雄文学記念館名誉館長)16日、老衰のため死去。葬儀は20日正午、長野県軽井沢町追分51の37の日本基督教団軽井沢追分教会。遺族代表は娘婿の菊地俊二(きくち・しゅんじ)さん。

 辰雄が晩年を過ごした軽井沢町の自宅や蔵書などを町に寄贈し、文学記念館の開設に尽力。編著に、辰雄からの手紙をまとめた「妻への手紙」など。

78歳女性、自宅で殺害 頭に傷、バッグなくなる 山口(産経新聞)
巨大日本庭園7月完成 トルコに築く友好の心(産経新聞)
渋谷の新しい顔は「ヒカリエ」(産経新聞)
<メトロ千代田線>電車動かず 一時不通 5100人影響(毎日新聞)
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
posted by カイザーギ at 07:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

中国人から「中国の恥だ」 上海万博PR曲に盗作疑惑(J-CASTニュース)

 上海万博のPRソングに盗作疑惑が出ている。1997年に発表された岡本真夜さんの楽曲に酷似しているというのだ。中国のネットで指摘され、YouTubeにアップされた動画には中国人から「中国の恥だ」といったコメントが書き込まれている。日本でも話題になっており、所属事務所も「ただいま事実確認中」としている。

 2010年5月から中国で開幕される上海万博のPRソングが3月末に公開された。タイトルは、「2010は、待っている」。プロモーションビデオでは、俳優のジャッキー・チェンさんなど、中国を代表するスーパースター達が歌っている。

■「中国政府はいつも笑わせてくれるな」

 しかし、この曲が盗作だという疑惑が出ている。中国のネットユーザーが指摘したもので、日本のシンガーソングライター、岡本真夜さんが97年に発表した楽曲「そのままの君でいて」に酷似しているというのだ。

 同曲はミドルテンポで明るい雰囲気のポップソング。信用金庫のイメージソングにもなり、オリコンランキングでもトップ10入りした。

 2つの曲を聞き比べると、確かに極めて似ている。サビ部分が似ているだけでなく、最初のメロディAメロや次のBメロまでもがそっくりだ。

 YouTubeには、万博PRソングと「そのままの〜」がどちらもアップされており、世界各国からのコメントが付いている。中国のユーザーからは、

  「頭の悪い中国政府はいつも笑わせてくれるな」

  「中国の恥」

  「万博がこんなパクリソングをテーマソングに採用するなんて、信じられないよ! 自分は中国人だけど、とても恥ずかしい。だけど、だからといって、中国人全員をみんなが嫌いになるべき、ということではないよ」

といった書き込みが寄せられている。国家の威信をかけたイベントにも関わらず、テーマソングが日本の楽曲に似ていたということがショックなようだ。

 これまでの報道によると、この曲を作った中国の作曲家は、「足でリズムをとって着想を得た」と語っているという。

■岡本真夜側は「ただいま事実確認中」

 この盗作疑惑は日本のネットでも話題になっている。2ちゃんねるには、「そのまんまじゃねえかww」「完全にパクりじゃん」といったもののほか、「ここはジャッキーに免じて許してやれ」といったコメントが大量に書き込まれた。

 一方で「日本人もあまり言えないけどな〜」というものも。岡本さんの「そのままの〜」も、サビ部分が70年代に出されたジャクソンファイブの「I'll be there」という楽曲に似ているのでは、という声が挙がっている。

 岡本真夜さんの公式サイトも更新され、16日夕方までにスタッフから

  「先日から、各メディアで報道されています上海万博の件ですが、ただいま事実確認中ですので、正式発表があるまでしばらくお待ちください。よろしくお願いいたします」

というコメントが発表されている。


■関連記事
JPOPの曲似ているのは理由がある 「コード依存」がひどいから? : 2008/10/25
ディズニーの「初音ミク」パクリ説 掲示板やブログで取り上げられる : 2008/03/13
しょう油の起源は韓国??  日本メーカーびっくり : 2008/06/05
魔法のような中国の言い訳 「ハリー・ポッター」パクリを否定 : 2009/07/03
R-15指定「愛のむきだし」がDVDで登場 : 2009/08/31

「起こるべくしておこった」石破氏、日米会談で普天間進展なし批判(産経新聞)
郵便不正公判、元局長「ワナにはめられた感じ」(読売新聞)
住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度−政府(時事通信)
「ニュースばかりみていた」ようやく帰国の日本人(産経新聞)
2歳男児虐待死で元少年を起訴 大阪地検(産経新聞)
posted by カイザーギ at 03:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。